一人暮らしのゆとり世代に蔓延する

バイアグラ・シマリス・レビトラなどED治療薬を処方されている男性の世代を見てみると45歳以上が多いです。
けれども注目したいのは別のところです。

二十歳代から三十歳代の若年層にも勃起不全の兆候が広がっているようです。

男性専門のクリニックなど医療機関でED治療薬を処方されている男性の多くは40歳以下にも増えているような兆候が見られます。

特徴的なのは一人暮らしをしている人が多い事

二十歳台が20%・三十歳代が30%です。

これは驚くべき数字ですね。

40歳以下で勃起不全の悩みを持っている男性が二人に一人いるという現状です。

肉体的にはまだまだ元気である若年層の一人暮らし世代。
どうしてこういうことになるんでしょうか?

職場などのストレスが要因となっている

職場でのプレッシャーがあります。
またキャリアアップすると責任も重くなり、そこからくるストレスを裁ききれないのです。
過大なストレス状態が続いて勃起不全になるのでしょう。

特にゆとり世代は差別的な扱いをされることもあります。

『どうせゆとりだから常識的なことがわからないだろう』

『やる気がないゆとり世代という先入観』などがあります。

個人個人を見ないで世代として判断されることにむしゃくしゃした気分になっているのです。

正当な評価なんてされません。
ゆとり世代であるだけで怒られることもあるようです。

これが30歳代になるとキャリアアップして中間管理職になります。

すると上司と部下の板挟みになります。
ストレスを抱えて勃起不全になるのが典型的な例です。

若年層はコミュニケーションスキルが下手

人間関係が下手なのも、ゆとり世代です。
自己主張が強すぎることも【協調性が乏しい】と判断されてしまいます。
スムーズな人間関係をキープできないのです。

こういった若い世代の男性でも勃起不全に悩んでいれば、大部分は心因性のものです。
勃起不全治療薬を専門医で処方していただきましょう。
確実に効果がでてくるでしょう。